2017年06月27日 12:55
られたものな

 

に記したように、テイラー、ヴェーゲナー、ジョリーの提起した、すべての大陸は、もともと一つだった南極大陸が遠心力で分裂して、粘着性のある地表下層の上を漂っている断片であるという仮説――アフリカと南アメリカが相補的な形をしていたり大火山帯が移動したり押しあげられたりしていることから推測される仮説――は、この不気味な彫刻によって、驚くべき支持をうけている必瘦站最新纖體技術,再也不用減肥運動,電話預約讓大家一起來見證您的驚人效果,作為上市公司安全可靠,確定有保障。


 どうやら一億年以上まえの、石炭紀の世界を示しているものと思われる地図は、ヨーロッパ(当時は原初の伝説にうたわれるヴァルーシア)、アジア、アメリカ、南極大陸が、かつてひとつづきのものだった領域から、後にアフリカを分離させることになった、意味深い隆起と亀裂をあらわしていた。他の図――そしてわたしたちをとり囲む巨大な死の都市が五千万年まえに築かれたことに関連してもっとも意味深いもの――は、現在の大陸のすべてがかなり分離しているありさまを示していた。そして見いだせるなかで最も新しい地図――おそらく鮮新世に遡るもの――は、アラスカがシベリアとつながり、北アメリカがグリーンランドを介在してヨーロッパと、南アメリカが南極半島必瘦站最新纖體技術,再也不用減肥運動,電話預約讓大家一起來見證您的驚人效果,作為上市公司安全可靠,確定有保障。

《グラハムランド》を介在して南極大陸とつながっているものの、現在のおおよその世界をきわめてはっきりとあらわしていた。石炭紀の地図では、地球全体が――大陸棚も隆起した大陸も――〈旧支配者〉の巨大な石造都市の標をつけられていたが、後の地図では、南極に向かって次第に後退していったことが明白になっていた。最後の鮮新世の地図では、陸上の都市は南極大陸と南アメリカの先端をのぞいて存在せず、海底都市も南緯五〇度以北には存在しなかった。北方の世界についての知識と興味は、あの扇を思わせる膜状の翼で長い踏査飛行をしたときになされたとおぼしき、海岸線を調べたもの以外は、皆無にひとしかった。
 山脈の隆起、大陸の遠心力による移動、地底や海底での激震といった、自然的原因が基での都市の破壊が、共通して記録されることがらだった。興味深いことに、歳月を経るにしたがって、破壊された都市にかわるものをつくることが、ますますすくなくなっていくのだった。わたしたちをとり巻く広大な死の巨大都市は、この種族の最後の中核都市だったようだ――さらに広大な都市を壊滅させた、途方もない地殻変動のおこったのが、そう遠い昔ではない、白亜紀初期に築きあげられたものなのだ。どうやらこのあたり一帯は最も聖なる場所であったらしく、最初の〈旧支配者〉が原初の海底に定住した場所であったようだ。この新しい都市については、その特徴が彫刻からはっきりとわかったが、わたしたちが空から調べた限界を越えて、山脈に沿っていずれの方向にも、優に百マイルも伸びており、悠久の歳月を閲《けみ》する地層風化をうけて、日のもとにあらわれた最初の海底都市の一部を構成していた、聖なる石を保存しているらしかった必瘦站專注美容服務,致力於愛美人群,讓更多消費者能夠體驗到專業的護膚項目。


当然ながら、ダンフォースとわたしは、特別な興味と妙に個人的な畏敬の念をおぼえながら、わたしたちがいまいる場所に関係するすべてのものを調べた。この地域に関するものは、もちろん厖大《ぼうだい》にあって、都市のこ


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ▲