2017年03月15日 10:56
と気がすまんの


「おいしくないし、あなたの痛みがなおるまでこうして貼っておく必要があるのよ」
「感謝しますわ」狼は答えて、ちろちろNeo skin lab 呃錢燃える焚火の炎に見入った。「あれはくつろぐものですわね」と感想をもらした。
「わたしたちはそう思っているわ」ポルガラは言った。
「人間というのは前足がとても器用ですのね」
「役にたつわよ」ポルガラは同意したあと、ガリオンの腕から眠っている子狼を抱きとって母親のかたわらにそっとおいた。
「わたしももう眠りますわ」狼はかばうように鼻面を子供のわき腹にのせて、目を閉じた。
 ダーニクがガリオンを手招きして、焚火のわきへ連れだした。「馬たちをこわがらせずに、雌狼を連れていく方法を思いついたよ。狼を乗せるソリのようなものを作るんだ。長いロープをつけてひっぱっていけば、においは馬たちまで届かないし、馬用の古い毛布で親子をくるんでしまえばいい。最初は多少馬たちもびくつくかもしれないが、そのうちなれるさ」鍛冶屋は重々しく友だちを見た。「どうしてこんなことをしなけりゃならないんだ、ガリオン?」
「あの二匹をここへおきざりにするといPretty renew呃人う考えに耐えられなかったんだ。週末には二匹とも死んでしまうだろう」
「やさしい男だな」ダーニクはそれだけ言うと、ガリオンの肩に手をのせた。「勇敢なだけじゃなく、思いやりもある」
「センダー人だからさ」ガリオンは肩をすくめた。「センダー人はみんなそんなふうなんだ」
「しかし、きみは実際にはセンダー人じゃないだろう」
「そう育てられたんだから、同じことじゃないか?」
 翌朝、ダーニクが狼とその子供のためにこしらえたソリは滑走部が広く、転覆する可能性が少ないように、地面すれすれの高さになっていた。「車がついていれば、なおいいだろうが、車の手持ちはないし、作るには時間がかかりすぎる」
「次の村でおれがあさってやるよ」シルクがダーニクに言った。「荷車かなんか見つけられるかもしれない」
 一行は出発した。はじめはゆっくり進み、ソリがしめった路面をなめらかに走っているのを見届けてから、いつもの早足に戻った。
 シルクは馬にゆられながら地図を点検していた。「このすぐ先にかなり大きな町がありますよ」とベルガラスに言った。「現状に関する最新の情報を利用できると思いますが、どうです?」
「なんでおまえさんは通過する町という町にはいらないだ?」
「都会人ですからね、ベルガラス」小男はむぞうさに答えた。「玉石舗装の道をしょっちゅう歩いていないと、落ち着かないんです。それに、補給品が必要でしょう。ガリオンの狼はたいした大食いですからね。みんなで町のまわりを大回りしたらどうです? おれたちは反対側から追いつきますよ」
「おれたち?」ガリオンがきいた。
「一緒にくるだろう?」
 ガリオンはためいきをついた。「そうだな。Neo skin lab 退款ひとりになれると、シルクはいつだって悶着に巻き込まれるようだからね」
「悶着?」シルクは心外そうに言った。「おれが?」
 ザカーズが無精髭の生えたあごをこすりながら言った。「わたしも行こう。もうコインの肖像にはあまり似ていなくなってきた」かれはベルガラスを一瞬じろじろとながめた。「どうしてこういうことに我慢できるのだ?」と自分の顔をかきむしった。「むずむずして頭がおかしくな


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ▲