2017年09月12日 12:28


わたしは確かにこの光景を目にし、心の耳でもって、これに付随する冒涜《ぼうとく》的な邪悪の巣窟に鳴り響く不協和音を聞いた。あの死にたえた都市がわたしの心にかきたてた恐怖すべての慄然たる完成であり、わたしは神経がまいってしまい、まわりで壁が揺れるなか、沈黙していなければならないことも忘れはて、悲鳴に悲鳴をあげつづけた。
 するうち閃光《せんこう》が消え、わたしのそばで男も震えているのが見えた。わたしの悲鳴に激怒してひどく歪めていた表情を、凄まじい恐怖が半ばかき消していた。男がよろめき、わたしがまえにしたようにカーテンをつかむや、狩りたてられる動物のように激しく頭をふった。それも当然であって、わたしの悲鳴が消えるとともに、感情が麻痺していればこそ正気と意識を保てたような、恐ろしくも慄然たる別の音が聞こえてきたのだった。施錠されたドアの向こうで、着実にひっそりと階段がきしむ音がして、裸足か生皮を足に巻いた者が大勢登ってくるようだった。そして弱よわしい蝋燭の灯りのなかで輝く真鍮の掛金を、用心深く決然とまさぐる音がした。老いた男は黄色いカーテンをつかんで身を揺らしながら、黴臭い室内でわたしをつかもうと手を伸ばし、唾を吐きかけ、喉にかかった声で叫びたてた。
「満月だ……おのれ……吠えたてる犬のようなおまえが……あいつらを呼びだして、あいつらがわたしのもとにやってきた。鹿皮の靴をはいている……死人だ……くそっ、赤い悪魔め。しかしわたしはおまえたちのラムに毒をもらなかったぞ……おまえたちい魔術を安全に保ってやっていたではないか……おまえたちが暴飲して病んだのではないか。呪われよ。それを地主のせいだというのか……立ち去れ、おまえたち。掛金から手をはなせ……ここには何もない……」
 このときごく慎重にゆっくりと三回たたかれて、ドアの鏡板が揺れ、逆上した魔術師の口に白い泡があらわれた。老人の恐怖が冷酷な絶望になりかわりつつあったが、それでもわたしに対する怒りをよみがえらせる余地があり、わたしが体を支えようとして端をつかんでいるテーブルのほうに一歩足を進めた。そして左手を伸ばしたとき、なおも右手でつかんでいるカーテンがはりつめて、ついに優雅な留金具からはずれ、空を明るくさせていたあの満月の光が部屋に射し入った。あの緑がかった光のなかで、蝋燭の明かりもかすみ、黴臭さのこもる部屋じゅうに新たな腐朽のありさまがあらわれて、虫に食われた鏡板、たわんだ床、毀《こぼ》れた炉棚、ぐらつく家具、すりきれたカーテンがあらわになった。月光は老人をも照らしだし、月の光によるものか、あるいは老人の恐怖と狂乱のせいなのか、老人が萎びて黒ずんだ姿になりはてながら、禿鷲の鉤爪のような手でわたしを引き裂こうと、ふらつきながら近づいてきた。まともなものは老人の目だけで、その目が瞳孔を広げて燃えあがっていたが、それも顔  

2017年06月27日 12:55

 

に記したように、テイラー、ヴェーゲナー、ジョリーの提起した、すべての大陸は、もともと一つだった南極大陸が遠心力で分裂して、粘着性のある地表下層の上を漂っている断片であるという仮説――アフリカと南アメリカが相補的な形をしていたり大火山帯が移動したり押しあげられたりしていることから推測される仮説――は、この不気味な彫刻によって、驚くべき支持をうけている必瘦站最新纖體技術,再也不用減肥運動,電話預約讓大家一起來見證您的驚人效果,作為上市公司安全可靠,確定有保障。


 どうやら一億年以上まえの、石炭紀の世界を示しているものと思われる地図は、ヨーロッパ(当時は原初の伝説にうたわれるヴァルーシア)、アジア、アメリカ、南極大陸が、かつてひとつづきのものだった領域から、後にアフリカを分離させることになった、意味深い隆起と亀裂をあらわしていた。他の図――そしてわたしたちをとり囲む巨大な死の都市が五千万年まえに築かれたことに関連してもっとも意味深いもの――は、現在の大陸のすべてがかなり分離しているありさまを示していた。そして見いだせるなかで最も新しい地図――おそらく鮮新世に遡るもの――は、アラスカがシベリアとつながり、北アメリカがグリーンランドを介在してヨーロッパと、南アメリカが南極半島必瘦站最新纖體技術,再也不用減肥運動,電話預約讓大家一起來見證您的驚人效果,作為上市公司安全可靠,確定有保障。

《グラハムランド》を介在して南極大陸とつながっているものの、現在のおおよその世界をきわめてはっきりとあらわしていた。石炭紀の地図では、地球全体が――大陸棚も隆起した大陸も――〈旧支配者〉の巨大な石造都市の標をつけられていたが、後の地図では、南極に向かって次第に後退していったことが明白になっていた。最後の鮮新世の地図では、陸上の都市は南極大陸と南アメリカの先端をのぞいて存在せず、海底都市も南緯五〇度以北には存在しなかった。北方の世界についての知識と興味は、あの扇を思わせる膜状の翼で長い踏査飛行をしたときになされたとおぼしき、海岸線を調べたもの以外は、皆無にひとしかった。
 山脈の隆起、大陸の遠心力による移動、地底や海底での激震といった、自然的原因が基での都市の破壊が、共通して記録されることがらだった。興味深いことに、歳月を経るにしたがって、破壊された都市にかわるものをつくることが、ますますすくなくなっていくのだった。わたしたちをとり巻く広大な死の巨大都市は、この種族の最後の中核都市だったようだ――さらに広大な都市を壊滅させた、途方もない地殻変動のおこったのが、そう遠い昔ではない、白亜紀初期に築きあげられたものなのだ。どうやらこのあたり一帯は最も聖なる場所であったらしく、最初の〈旧支配者〉が原初の海底に定住した場所であったようだ。この新しい都市については、その特徴が彫刻からはっきりとわかったが、わたしたちが空から調べた限界を越えて、山脈に沿っていずれの方向にも、優に百マイルも伸びており、悠久の歳月を閲《けみ》する地層風化をうけて、日のもとにあらわれた最初の海底都市の一部を構成していた、聖なる石を保存しているらしかった必瘦站專注美容服務,致力於愛美人群,讓更多消費者能夠體驗到專業的護膚項目。


当然ながら、ダンフォースとわたしは、特別な興味と妙に個人的な畏敬の念をおぼえながら、わたしたちがいまいる場所に関係するすべてのものを調べた。この地域に関するものは、もちろん厖大《ぼうだい》にあって、都市のこ  

2017年06月07日 12:27


と、ブラウン・ジェンキンは深淵の縁から落ちていき、はるか下のほうから鳴き声が聞こえた。
 老婆を殺したかどうかはわからなかったが、ギルマ淨水機ンは床に倒れこんだ老婆に手をふれることもしなかった。そしてふりかえったが、テーブルの上にあるものを見たとたん、理性をつなぎとめていた最後の糸があやうく切れそうになってしまった。ブラウン・ジェンキンが強い筋力と恐ろしく器用に動く小さな四肢にものをいわせ、ギルマンが魔女に絞めつけられているあいだも休むことをせず、ギルマンの努力を無駄にしてしまっていたのだ。犠牲者の胸にふりおろされるナイフを食いとめてふせいだ兇行を、毛むくじゃらの冒涜《ぼうとく》的な生物の牙が犠牲者の手首におよぼしていた――そしてついさっき床に落ちた鉢は、生気を失った小さな体のそばで、鮮血を満々とたたえていた。
 ギルマンは夢のなかで呆然《ぼうぜん》としながらも、果しない遠くから地獄めいた異界的なリズムをもつサバトの詠唱が聞こえるのを耳にして、暗黒の男がそこにいるにちがいないことを知った。記憶が混乱して数学の知識と結びつき、無意識こそが、正常な世界に――はじめて独力で――もどるために必要な角度をつかんでいるように思えた。自分の部屋の上にある、大culturelle 香港
昔から鎖《とざ》された小屋裏にいることには確信があったものの、傾いた床、あるいは久しく鎖されている出入口からはたして抜けだせるかとなると、はなはだ疑わしかった。それに夢のなかの小屋裏から抜けだせたところで、夢のなかの家にもどるだけではないだろうか――現実の場所にもどろうとしても、その異常な投影に入りこむだけではないだろうか。ギルマンは生まれてはじめて、夢と現実の関係について、まったく途方に暮れてしまった。
 ぼんやりした深淵を抜ける旅路は、ヴァルプルギスのリズムがひびき、これまでは隠されていた、たまらなく恐ろしい宇宙の脈動が聞こえるはずだから、すさまじいものになるにちがいなかった。いまでさえ、低い不気味な揺れのあることがわかり、そのテンポがはっきりと感じとれるのだから。サバトのときには、それは常に高まって世界じゅうに届き、秘儀参入者たちを名状しがたい儀式に誘うのだ。サバトの詠唱の半分は、かすかに耳にはいるこの脈動をまねているのだが、この脈動が本来の大きさになったものなど、地球上に住む者の耳では耐えられようもない。こういったことを考えたギルマンは、自分の直観を信じることで、はたして正しい空間にもどれるだろうかとも思った。あの遙かな惑星の緑色に輝く丘の斜面、あるいは銀河の彼方のどこかにある、触角をもつばけものたちの都市にはりだすモザイク舗装のテラス、さらには白痴の魔王アザトホースが君臨する、〈混沌《こんとん》〉という窮極の虚空の暗澹《あんたん》たる螺旋《らせん》状の渦動、そういったもののなかに入りこむことはないと、確きれるだろうか。
 ギルマンが身を投げだそうとする直前、菫色《すみれいろ》の光が消えて、あたりは真の闇につつまれた。魔女――老キザイア――ナハブ――名前はどうあれ、菫色の光が消えたことは、あの老婆の死を意味するにちがいなかった。そしてサバトの遙かな詠唱と、足もとの深淵でのブラウン・ジェンキンの鳴き声にまざって、未知の深淵からさらに荒あらしい別の声が聞こえるようだった。ジョー・マズレヴィッチだ――〈這《は》い寄る混沌〉を相手にしての祈りがいまや不可解にも勝植鬚利の絶叫にかわっているではないか――皮肉な現実性をもつ世界が熱にうかされた夢の渦動に影響をおよぼしているのだ――イア! シュブ=ニグラス! 千匹の仔を孕《はら》みし山羊《やぎ》よ!
 まだ夜明けまでかなり時間がある頃に、ギルマンは妙な角度をもつ古びた屋根裏部屋の床で発見された。すさまじい悲鳴によって、デロシェ、コインスキ、ドンブロフスキ、マズレヴィッチがただちに駆けつけ、椅子に坐ったままぐっすり眠りこんでいたエルウッド  

2017年03月15日 10:56


「おいしくないし、あなたの痛みがなおるまでこうして貼っておく必要があるのよ」
「感謝しますわ」狼は答えて、ちろちろNeo skin lab 呃錢燃える焚火の炎に見入った。「あれはくつろぐものですわね」と感想をもらした。
「わたしたちはそう思っているわ」ポルガラは言った。
「人間というのは前足がとても器用ですのね」
「役にたつわよ」ポルガラは同意したあと、ガリオンの腕から眠っている子狼を抱きとって母親のかたわらにそっとおいた。
「わたしももう眠りますわ」狼はかばうように鼻面を子供のわき腹にのせて、目を閉じた。
 ダーニクがガリオンを手招きして、焚火のわきへ連れだした。「馬たちをこわがらせずに、雌狼を連れていく方法を思いついたよ。狼を乗せるソリのようなものを作るんだ。長いロープをつけてひっぱっていけば、においは馬たちまで届かないし、馬用の古い毛布で親子をくるんでしまえばいい。最初は多少馬たちもびくつくかもしれないが、そのうちなれるさ」鍛冶屋は重々しく友だちを見た。「どうしてこんなことをしなけりゃならないんだ、ガリオン?」
「あの二匹をここへおきざりにするといPretty renew呃人う考えに耐えられなかったんだ。週末には二匹とも死んでしまうだろう」
「やさしい男だな」ダーニクはそれだけ言うと、ガリオンの肩に手をのせた。「勇敢なだけじゃなく、思いやりもある」
「センダー人だからさ」ガリオンは肩をすくめた。「センダー人はみんなそんなふうなんだ」
「しかし、きみは実際にはセンダー人じゃないだろう」
「そう育てられたんだから、同じことじゃないか?」
 翌朝、ダーニクが狼とその子供のためにこしらえたソリは滑走部が広く、転覆する可能性が少ないように、地面すれすれの高さになっていた。「車がついていれば、なおいいだろうが、車の手持ちはないし、作るには時間がかかりすぎる」
「次の村でおれがあさってやるよ」シルクがダーニクに言った。「荷車かなんか見つけられるかもしれない」
 一行は出発した。はじめはゆっくり進み、ソリがしめった路面をなめらかに走っているのを見届けてから、いつもの早足に戻った。
 シルクは馬にゆられながら地図を点検していた。「このすぐ先にかなり大きな町がありますよ」とベルガラスに言った。「現状に関する最新の情報を利用できると思いますが、どうです?」
「なんでおまえさんは通過する町という町にはいらないだ?」
「都会人ですからね、ベルガラス」小男はむぞうさに答えた。「玉石舗装の道をしょっちゅう歩いていないと、落ち着かないんです。それに、補給品が必要でしょう。ガリオンの狼はたいした大食いですからね。みんなで町のまわりを大回りしたらどうです? おれたちは反対側から追いつきますよ」
「おれたち?」ガリオンがきいた。
「一緒にくるだろう?」
 ガリオンはためいきをついた。「そうだな。Neo skin lab 退款ひとりになれると、シルクはいつだって悶着に巻き込まれるようだからね」
「悶着?」シルクは心外そうに言った。「おれが?」
 ザカーズが無精髭の生えたあごをこすりながら言った。「わたしも行こう。もうコインの肖像にはあまり似ていなくなってきた」かれはベルガラスを一瞬じろじろとながめた。「どうしてこういうことに我慢できるのだ?」と自分の顔をかきむしった。「むずむずして頭がおかしくな  

2016年09月23日 12:30


シルクはにやりと笑った。「それこそわれわれの狙いめなのさ」
「さぞかし金持ちになることだろうね」
「まあ、それがどんなものかは体験できるPretty renew 美容だろうがね」そう言ってシルクは遠くを見るような目つきをした。「だが実際のところそんなことはどうでもいいのさ。これはあくまでもゲームだ。金なんてものは単なる得点がわりに過ぎん。大事なのはそれがゲームであるということなんだ」
「そんな話を前にも聞いたことがあるよう」
「わたしはそのときからちっとも変わっちゃいないということさ、ガリオン」シルクは笑いながら言った。
 ポルおばさんとダーニクの結婚式は、その朝、〈要塞〉の西翼にある人目につかない、小さな礼拝堂で行なわれた。列席した人々はごくわずかだった跟團去旅行。ベルガラスと、双子のベルティラとベルキラはもちろん、シルクとバラクの姿もそこにはあった。深い青色のビロードで仕立てたガウンで美しく装ったポルおばさんには、ライラ王妃が付き添っていた。ダーニクの付き添いはガリオンがつとめた。式は醜男のベルディンの手で行なわれた。初めて見苦しくない服装をした魔術師の醜い顔には不思議な厳粛さが漂っていた。
 式が行なわれている最中、ガリオンの心は千々に乱れた。もうこれでポルおばさんは自分だけのものではなくなるのだという実感が、刺すようにかれの胸をつらぬいた。ガリオンの中の子供じみた部分が、ずっと抗議の声をあげ続けていた。だがかれは同時におばさんの結婚する相手がダーニクであることに深い満足を覚えていた。この世にもしおばさんに値する男がいるとすれば、それはダーニク以外にありえなかった。純朴な善人の瞳はかぎりない愛であふれていた。どうやらかれはNeo skin lab 美容その視線をポルおばさんから引き離せないらしかった。ダーニクのかたわらに控えるポルおばさんの顔もまた、厳粛な晴れやかさに輝いていた。  

2016年09月05日 15:47

 二人のグロリム僧の姿が見えなくなったとたん、ヤーブレックは軽蔑をこめて地面に唾を吐いた。「豚ども
め」かれは小声で毒づいた。「おれはマーゴ人と同じくらい、マロリー人が嫌いになったぜ」
「どうやら連中はおまえの祖国を乗っ取ろうとしているようだな」シルクが言った。
 ヤーブレックはうなるように言った。「好きなだけ入ってくるがいい。やつらなどすぐにおれたちの足元にひれ伏すようになるさ」
「連中が入ってくるようになったそもそものきっかけは何なんだ?」シルクがなにげないふりをしてたずねた。
「いいか、シルク」ヤーブレックが乱暴にさえぎった。「おまえがスパイだということは十分承知しているし、政治について語りあうつもりもない。だから情報を嗅ぎまわろうとするのはやめてくれ」
「少しばかりおしゃべりを楽しもうとしているだけじゃないかね」シルクは無邪気な声で答えた。
「何だって自分の仕事以外のことに首を突っ込もうとするんだ」
「こいつがおれの仕事なもんでね、親友よ」
 ヤーブレックは小男をにらみつけていたが、突然笑い出した。

「何だかあんまり心配してないようだね」
「じっさいのところ、全然心配しちゃいないさ」
「だけど、ぼくらは逮捕されたんだろ」
 シルクはかぶりを振った。「誰かを逮捕するときには、手足にかせをはめるものさ。ドロスタ王はわたしに話がある、ただそれだけさ」
「でも手配書には――」
「そんなもの、わたしは気にしちゃいない。あの人用に書かれたものだ。ドロスタ王の用件が何であれ、連中に気どられるようなまねはしないはずだ」
 居酒屋の人ごみをかきわけながらヤーブレックが戻ってきた。商人は二人のかたわらの垢ですすけたベンチにどすんと腰を下ろした。「すぐにドロスタ王が見える」かれは言った。「待っているあいだに何か飲むかね」
 シルクはかすかな嫌悪をこめてあたりを見まわした。「いや、結構だ」小男は答えた。「こういった店のエール樽には溺れ死んだネズミがよく浮いていることがあるからな――死んだハエやゴキブリは別としても」
「勝手にしろ」ヤーブレックが言った。
「王さまを探すにしてはずいぶん変わった場所なんだね」ガリオンはみすぼらしい室内をみまわしながら言った。  

2016年08月29日 11:39

 
かれらはコロダリン王がミンブレイト騎士団とその家来たちを従えて待つボー?ミンブルに向かって中央アレンディアの大平原を横切っていった蔡加讚(Karson Choi)。天候はすばらしく、太陽の光は一行の上にもさんさんと降り注いでいた。
 ある晴れた朝、出発して間もなくポルガラが背後から一人馬を走らせ、先頭を進む王女のかたわらに並んだ。「お父上をどう説得するかもう考えは決まっていて?」女魔術師はたずねた。
「じつを言えばまだなの」王女は打ち明けた。「あの人を説得するのは相当たいへんなことになりそうだわ」
「ボルーン一族は皆そうよ」
「わたしだってボルーン一族のひとりよ楊海成
「わかっていてよ」ポルガラはじっと見透かすようなまなざしで少女を見た。「ここ何ヵ月かであなたは本当に大人になったわね」
「だって、そうするしかなかったんですもの。全部のことがいっぺんに押し寄せてきたような気がするわ」急に何かを思いついたようにセ?ネドラはクスクス笑った。「かわいそうなガリオン」
「なぜかれがかわいそうなの」
「わたし、かれにずいぶんひどいことをしてきたわね」
「控えめにいってもそのとおりだと思うわ」
「どうして皆わたしに我慢できたのかしら」
「四六時中歯を食いしばっていたのよ」
「あの人は喜んでくれるかしら――もしわたしのやってることを知ったらという意味だけど」
「ええ」ポルガラは言った。「きっと喜ぶと思うわ」
「わたしこれから今までの埋めあわせをするわ」セ?ネドラは言った。「世界中で一番いい奥さんになってみせるの」
「それは素敵だこと」
「もう二度と口げんかをしたり怒鳴ったりしないわ」
「あまり守れないような約束はしない方がよくてよ、セ?ネドラ」。
「そうね」小さな王女は言い直した。「なるべく口げんかしたり怒鳴ったりしないようにするわ」
 ポルガラはほほ笑んだ。「楽しみにしてるわ」
 ミンブレイト騎士団はボー?ミンブルの手前の大平原に野営していた。重騎兵の一団を加えたかれらの膨大な軍隊は、太陽の光を反射してまばゆく輝いた。
「まあ、何てことかしら」アローンの王たちとともに街を一望する丘の頂から見おろしたセ?ネドラは膨大な集団を見て絶句した。
「どうかしたのかね」ローダーがたずねた。
「だってあんなにたくさんいるんですものToshiba冷氣」  

2016年08月03日 13:13

 ポルガラの指さした雲堤は、その間にも驚くPretty Renew 雅蘭べき速度でかれらの頭上に広がりつつあった。さかまく紫色の雲は、黒くうねり、折れ曲った稲妻の足をひらめかせながら、忍びよってきた。熱い風が起こり、草を倒し、馬のたて髪と尻尾を激しく揺り動かした。ローダー王と他の者たちが、近づきつつあるマロリー軍を迎え撃つためにその場を去ると、ポルガラは青ざめた顔で髪を乱しながら、ダーニクとセ?ネドラをしたがえて、土手の草地をのぼり、近づいてくる黒雲をじっとにらみつけた。「この子を連れていってちょうだい。セ?ネドラ」彼女は冷静な声で言った。「何があろうと、絶対に手を離さないようにね」
「わかったわ、レディ?ポルガラ」セ?ネドラはそう言いながらエランドにむかって手をさしのべた。子供はすぐにやってきたが、その顔にはまったく恐れるようすはなかった。彼女はエランドを抱き上げると、ほっぺたをくっつけるようにして、ぎゅっと抱き寄せた。
「使命《エランド》?」子供は近づいてくる嵐を指さしながら言った牙齒矯正
 すると、突然、連合軍の列のあいだから、影のような姿がゆらゆらと立ちのぼった。それらはいちように黒い衣をまとい、ぴかぴか光る鋼の仮面をかぶり、手に切っ先の鋭い短槍を持っていた。相手の正体を考えるいとまもなく、馬に乗った若いミンブレイトの騎士が、広刃の剣をさっとふり払い、びゅっという音とともに鋼の仮面に向かって切りつけた。が、騎士の剣はむなしく相手をつき抜けた。そのとたん、騎士のかぶとにジュッという音をたてて稲妻が落ちた。雷に撃たれた騎士は、かぶとのてっぺんにくっついて離れない激烈な光に、蛇のようにのたうちながら、身体を硬直させて痙攣した。かぶとの面頬のすきまから、若者が鎧の中で焼け焦げる煙がふきだした。かれの馬もまた無気味な閃光に包まれ、がっくりと前足を折った。次の瞬間、稲妻が消えうせると同時に、人と馬は地面に崩れ落ちて動かなくなった。
 ポルガラは怒ったような音をたてると、声を張りあげた。決して怒鳴っているわけではないのだが、彼女の声は全軍にはっきりと響きわたった。「その影にふれてはなりません」彼女は警告した。「これはみんなグロリムのつくりあげた幻で、ふれないかぎり皆さんを傷つけることはありません。あなた方を感電させるために出てきたのだから、なるべく離れていた方がいいわ」
「ですが、ミストレス?ポル」ダーニクが抗議した。「いちいち影から身をよけていたのでは、軍隊は整列していることができませんよ」
「影のことはわたしが何とかするわ」彼女は断固とした口調で言った。そして両手を頭の上にさし上げて、拳を握りしめた。その顔に激しい精神集中の色を浮かべ、彼女はひとことつぶやくと同時にぱっと両手を開いた。それまでかれらの方向に向かって、嵐の前のなま暖かい風に吹き流されていた草は、ポルガラの意思の力が放出されると同時に、さっと逆方向に流れ始めた。力がグロリムの作り出した幻をつき抜けたとたん、影は一瞬ひるんだように見えた。そして次々にしぼみ始めたかと思うと、音をたてることなく、影は爆発して黒い破片となって飛び散った。

 一番遠い兵隊たちのあいだで最後の、ポルガラは激しくあえいでいた。地面にくずおれれかけた彼女を、間一髪のところでダーニクが支えた。「だいじょうぶですか」鍛冶屋は心配そうな声でたずねた。
「ちょっとだけ、休ませてちょうだい」彼女は相手に身をあずけるようにして言った。「あれをするには、もの凄く体力がいるのよ」ポルガラはかすかなほほ笑みを浮かべ、頭をがっくりと垂れた。
「戻ってきやしないかしら」セ?ネドラが聞いた。「つまり、じっさいにグロリムを傷つけたわけじゃないんでしょ? かれらの影だけで」
 ポルガラは弱々しい笑い声をたてた。「いいえ、十分な痛手は与えたわよ」彼女は答えた。
「グロリムたちはもう影を作ることはできないわ。誰ひとりとして二度とあれを作り出すことはできないでしょう」
「絶対に?室內設計裝修」  

2015年08月28日 15:01

KBS2で "してください「お願い、ママ DVD」「スクリプトを行使する場面、ユージン、イ・サンウ、キム・愛、キム・ミスク、キム・ガプス、歌Shenghuan、Jinyingゆう、呉Minxi ,,崔はあまりにも正確な、趙ボア俳優や李チャン監督、YinjingのEの作家やスタッフの他の公演我々は、すべての参加しました。人々は週末のシリーズ魏栄と暖かさを感じます精品酒店

練習室リハーサルスクリプト到着俳優の生産企業は、バラ/の「家族の認定」に代わって準備していました。最初のスクリプトの練習に参加した家族の贈り物、「してください母」を受信した後衍生權證

スクリプトと観客が前のファウルテーマの疲れを感じさせますが、完全に異なるプロセスです。活発で、健康な家族は観客がリーPDコメディアイデアを移動させたので、話を支配しました。


同時に、それぞれの役割鮮やかな演技への投資の役割についての俳優をスクリプトを読んだ後に開始しました。特に頑固な娘は町の愛ユージンのコーナーを果たし、チームワークを愛し、彼女の母親キムを演じました。キム・ミスクと結婚後の彼女の義理もベストパートナーショーとして再生されます。この物語の母と娘のテーマは、レリッシュとのを楽しみにして下さい。

「ママに来て、「本当に劉が動作カムバックです。お願い、ママ DVDこの役割ユージンを選択し、視聴者の注目を集めるより成熟した演技で、それぞれの役割になります。

またユージン、イ・サンウ、Wumin西、日よりこんにちは,, Cuitai 6月に、趙ボア、他の3つの兄弟が一緒に遊ぶと、彼らはパートナー快適で新鮮な活力を示し、愛ラインの異なる色になります俳優をでしょう實德金融
  

2015年07月23日 11:02



宮という韓国ドラマを見ています。
三角関係の部分も見どころなのreenex 膠原自生ですが、それぞれが好きすぎていて病的に見えてきました。
ドロドロしているというか好きなら身を引けって思ってしまいます。
好きなのは分かるけれども好きな人を苦しめるのはダメだと思います。
新しい恋をするのが一番だと思うの矯視分期ですが、それに気づくのも大変ですよね。
初恋は確かにしぶといというか諦めずらいとは思いますが自分の中でふっきれないといけませんね。
綺麗ごとをいってもドラマみたいに結局はうじうじしているかもしれませんね。
最終回まで後一歩なの毛孔粗大で楽しみです!  

2015年07月14日 18:14



本格的な夏にピッタリの頭髮護理ピーチシャーベットのレシピです。
桃の缶詰を利用した、喉越しさわやかなピーチシャーベットです。

<材料>(4人分)
・白桃の缶詰…300g
・砂糖…10g
・レモン汁…1/2個分
・水…カップ1
・ホワイトキュラソー(あれば)…大さじ2
・ミントの葉…適量

<イタリアンメレンゲ>
・卵白…1個分
・グラニュー糖…30g
・水…30g
メレンゲは、卵白を泡立てて砂糖を加えたものです。
ムースやシャーベットの婚嫁行業ように、
メレンゲを加えたあとに火を通さないものの場合、
せっかくふんわりと泡立てた気泡が潰れることがあります。
そのため、熱いシロップを使って卵白に火を通し、
ふんわり感を保つための工夫をして作ったメレンゲを、
「イタリアンメレンゲ」といいます。

<作り方>
1.白桃、砂糖、水、レモン汁をいっしょにミキサーにかけます。
2.1にホワイトキュラソーを加え、
  容器に流し込んで冷凍庫に入れます。
3.2がみぞれ状になったら冷凍庫から取り出し、
  空気を含ませるよう皮膚暗沉に全体をフォークなどでよくかき混ぜ、
  再び冷凍庫に戻します。
  これを30分ごとに4~5回繰り返します。
4.イタリアンメレンゲを作り、3に加えて全体に混ぜ合わせ、
  再び冷凍庫で冷やして固めます。
5.固まれば、ミントの葉を飾ってできあがりです。

<イタリアンメレンゲの作り方>
1.卵白を泡立て、砂糖を加えてさらに硬く泡立てます。
2.鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかけ、かき混ぜずに、
  色づかずに糸を引く程度まで煮詰めます。
3.1のメレンゲに2のシロップを少しずつ加えて、
  泡だて器で手早くかき混ぜます。  

2015年07月03日 11:35

近頃たくさんの水を補うするようにしています。
空腹感も解決できるしSMC風扇吊燈、コレステロールにも効くらしいですよ。
友達の知り合いにおからクッキーで5ヶ月で12キロ落ちたという人 もいます。


いつも肥満解消をしているという強い意識をして昼食の食べもの
や養分にも気を遣うようになりました。
すこしは健康的になったかも。

好評のクエン酸という針灸要素の栄養補助食品を買ってみました。
はたして効能 はどうでしょうか。

7ヶ月後にはトマトとバナナ のサラダでマイナス3キロを
目標としています。
今のコンビニエンスストアはカロリー表示などもされて
かなり便利だと今朝行ってみて気付きました。
少ない食事にして脂肪や糖質を減らすのでなくて、食べるものの質を変えることが結果的に脂肪を落とすのには重要ではないかと個人的に思います。

普段は食後7時間くらいでお腹がすくのQV嬰兒ですが、発芽玄米はいいですね。
食物繊維の要素のおかげで今は満腹です。
  

2015年06月18日 15:16


作ってみたらとても美味しかったので紹介します。

ほうれん草ってこんな風に食べるとおいしいですねー。


料理名:キッシュ

■材料(2~3人分)
●小麦粉(薄力粉) / 110g
●オリーブオイル / 50cc
●牛乳 / 30cc
●塩 / 小さじ1/2
ほうれん草 / 1/2束
ベーコン / 50g
★玉子 / 2個
★牛乳 / 100ml
★マヨネーズ / 大匙1
★ピザチーズ / 70g
★塩コショウ / 少々

■レシピを考えた人のコメント
生地付きは取り分けるのも簡単でパーティの時に出しても手で持てるから食べやすい♪お客さんには買って来たの~?って良く聞かれます。簡単なのにお料理上手に見られる1品  

2015年05月28日 18:01



昨日はべーグル持参で友達の割雙眼皮お宅にランチよばれに行ってきましたo(^-^)o

Yちゃん&Yちゃんはスリム元気ハツラツなママたちやからスープやらサラダやら
マリネやらレバーワイン煮などなど野菜たっぷり料理をそれぞれ作ってくれて
ヘルシー&染み込みましたーo(^-^)o
もう箸はかっぱエビセン状態☆(やめられない、止まらない!)

しかもBGMにはファンモン♪かけてくれてあってハイテンション↑↑↑

仕上げの華洋坊手作りチーズケーキ♪美味しかったぁ!!!
(慌てすぎで写真撮り忘れました(汗;))

健康についてや子供の事やいろんなことを機関銃のように
しゃべりまくってお迎えがアッと言う間っ・・・(^O)=3

続きは次回モーニング行こう〜と約束しましたp(^^)q

食生活も家族の事は気にするけど意外と自分はあまり何も考えてなかったかも〜

これからは家族はもちろん自分自身の將軍澳通渠心&体もいたわることも考えて
『健康』でいれるように見直そうってすごく思えた一日でした☆   

2015年05月07日 18:05

”有一个地方,那是快乐老家,她近在心灵,却远在天涯······”

在丽江的两天两晚, 让我真正领略到了这座古老而又神秘、宁静而又自然、闲情而又纯粹的古城是如何地每天吸引着成千上万的康泰旅行團游客慕名而来,留连驻足。在悠悠历史长河的变迁后还能保持那份静谧与闲情而绝世独立。

丽江位于“三江并流”的核心地带。东邻四川凉山彝族自治州和攀枝花接壤;南邻大理白族自治州;西邻怒江僳僳族自治州;北邻迪庆藏族自治州。是纳西族的文化中心所在地,古老而神秘的东巴象形文字至今被称为“世界上活着的唯一的文字”。而在纳西族古老而传统的民族里,至今在大山深处还保留着男不娶女不嫁的阿夏走婚形式;也是古代中国闻名世界的滇川藏茶马古道的重要通道。

于一个慵懒的午后,也是自由活动时间,我和女儿像脱缰的马,从古城的南面穿城而去······

古城的巷道两边是排列有序的青砖古木房屋结构,已经退了色的朱红漆大门,随岁月的流逝,已呈淡红色,也有些斑驳了,但仍不失古城的韵味。光滑而洁净的青石板路从不同的方位向四面八方延伸开去。家家户户大门上高挂的大红灯笼格外鲜艳夺目,祥和而安宁。

午后的阳光暖暖的打在身上康泰旅行團,有些睁不开眼;泛黄的柳叶在风中摇曳,舞动她那有些瘦削的身姿,时而拂面,时而与穿城而过的护城河里的金鱼嬉戏打闹;玉河广场,人头攒动,游人如织,一架大型的木质水车在人们的注视下,像老牛拉车一样,缓慢而无力的转动着,溅起的水花在阳光下闪闪发光,这似曾相识的水车,把我的思绪带回到了久远的年代,那时的水车是为了打米、磨面,为了生计,而眼前这架庞然大物则是为了纯粹的观赏。有人说,它们是姊妹水车,而我觉得,它们更像是一对夫妻水车,一天天,一年年的共唱那首不老的传奇故事。

水车的旁边是1999年,江泽民总书记的挥毫泼墨“世界文化遗产丽江古城”,格外耀眼,格外引人瞩目。

街道两边是商铺林立,吆喝阵阵 、此起彼伏,各种小饰品和土特产琳琅满目,女人的披巾和银器满眼皆是,价额也不便宜,偶尔从店铺里发出的铃儿叮当声,还以为是茶马古道上走来的马帮队伍;护城河里,清澈而明亮的溪水缓缓穿城流过,水里的红金鱼悠闲而自在地享受着游客带给它们的食物,不惊不扰。

有水则生,有桥则灵,丽江古城乃水之城,它有多少条街道,就有多少条护城河流,有多少条河流就有多少架桥梁,有木板架设的栎木桥,也有用砖石砌成半圆形的拱桥,有很多的纳西族中年妇女穿着民族服装在拱桥上一边晒太阳,一边让游人拍照,来获得一定的康泰旅行團收入。古城的水无处不在,无处不有,就像情人的思念,连绵不绝,穿城而过,入院绕墙,美妙的流水声,让心灵涤荡,让灵魂得以歇息。走在古城之中,玉水滢滢,垂柳依依。如临仙境。

古城的大街小巷,是感应灵性的天然乐园,没有规则的街巷如蜘蛛网般散开去,随处可见的转角,五彩斑斓的五花石,还有身边不断冒出的店铺、客栈、茶吧仿佛永远都没有尽头。我好像迷失了方向,也迷失了自己,幸好有女儿在身边。

小桥边,溪水旁,藤蔓绕梁,清风徐徐。遍地的客栈、茶吧,古朴而幽静,简洁而明亮,在阳光下,诗意地流淌,什么爱琴海驿站、雅居客栈、若水居客栈等等数不胜数,听着这些别有情调的雅名就想去小住一晚。

七拐八弯,终于来到四方街。

四方街在古城的正中央,也是休闲和最繁华的地段,有人说它是一个梯形,其实是一个长方形,传说是当时木氏土司根据玉玺的形状而修建。从四角延伸出四大主街道。

树荫下,柳树旁,到处坐满了游客。走累了,打个盹、发会呆,晒晒太阳,没人会打扰你。从四个方位的阁楼里传来的歌声和吉它声,此起彼伏 ,时而高亢嘹亮,时而低回婉转,这是一群茶吧的驻唱年轻歌手,说实话,他们的演唱风格和嗓音我实在不敢恭维,但这一点不影响我的心情,因我的思绪早已在这色彩斑斓的繁华里丢失······

沿四方街的西面前行,一座恢宏而高大的古典建筑耀然眼前,这就是赫赫有名的、曾经红极一时的木府。

木府是丽江的文化、艺术和历史的康泰領隊象征。

早在600多年前,在漫长的封建社会中,云南是一个多民族的部落社会,各自占山为王,自成一派体系,到了明朝,朱元璋攻入昆明后,聪明的大理纳西族土司王为了寻求更大的靠山,率先归附于明朝,朱元璋为表其诚心,特赐其汉姓“木”。

木府占地面积近三万平方米,在长369米的中轴线上,分别有议事厅、万卷楼、护法殿等大殿,两则房屋一字排开,楼台亭阁、花园回廊,数不胜数,风格别致,奇花异草,名木古树,应有尽有,环境优雅,气势磅礴,尽显王者之范。而木府一直以来,为了巩固西南方的安全,对皇帝也是忠贞不二,无数次深得皇帝的嘉奖和爱戴。“忠义坊“就是一例证。

”忠义坊“位于木府门前,石柱和牌坊均采用汉白玉建成;两边是一对石狮子,威严神武、神采奕奕,霸气十足。

木府大部分建筑曾毁于清朝战火,幸存的石牌坊在后来的文革期间也难逃厄运。如今屹立于眼前的木府,是丽江政府花巨资维修后才得以重现,硝烟已远去,那段辉煌的历史又展露无遗,王侯旧梦,唯我独尊!

前段时间上映的电视剧《木府风云》就是根据旧时的木府家族内部的争斗而改编的,也是在木府里面拍摄的。

在通往木府的道路上,有一道三门四柱的木牌坊,雕梁斗拱,古朴庄重,十分精美,上面四个大字吸引众多游人”天雨流芳”,当时不解其意,后来查资料才得知,是木府为倡导学习中原文化创兴教育而修建的。汉语的意思是:皇恩浩荡,天降甘露,润泽百姓。纳西族音译是:读书去吧,可见当时木府对教育的重视已深得人心了。

喜欢格力空调老总董明姝的几句广告语:从美学来说“慢"是一种艺术,从禅学来说”慢“是一种境界。

走在丽江的每一条街道里,有种时空的穿越,风是轻的 ,阳光是暖的,天是蓝的,云是流动的,水是清澈而明亮的,人心是软的。在这里,不需要思想,不需要语言,只需静静地聆听,慢慢的行走,放空心思,投身于古城的怀抱里。不张扬,不矫情。

当最后一抹夕阳的余晖落下山顶的时候,我有种依依不舍的感觉,因明天就要离开了,但我不想说再见。

  

2015年04月29日 13:33

風卷起潔白的浪花,從遙遠的地平行處緩緩而來。岸淺處,海水打濕了裙角,一絲涼意漫過心田。陽光初露,暖暖地照著一串淺淺的腳印,閃著若隱若現的金色光芒。

海風輕吹,我踮起腳尖,凝望遠方浩渺的天空。沙沙的聲音在我耳畔久久不曾散去。我仰著臉,嗅著風裡帶來的淡淡的鹽水味,曾幾何時,我也愛上了這片蔚藍的東京自由行天空。望著眼前深邃的大海,平靜的海面仿佛沉澱了青春歲月裡所有的疼痛與悲涼。直到此時我才開始漸漸懂得歌曲裡唱的我不想長大:“我不想我不想不想長大,我寧願又笨又傻…”

隨意擺弄著岸邊的沙漏,細膩的沙子以最適合的速度一刻也不停歇地運轉。站在十九歲的尾巴上,轉過身背對著二十歲這個敏感的年齡,我下意識的回望來時的敏感皮膚路。那些年,那條小路上,坑坑窪窪,泥濘,荊棘,幾乎將整條路鋪滿。汗水與淚水溶進六月的雨裡分不出彼此。荊棘劃開的傷口慢慢的癒合開出美麗的花朵。曲折的小路上繁花盛開,一朵接著一朵,一直延伸到遠處一片迷霧中。

海水像一面鏡子,映出年少的影子。泛黃的老舊照片裡身影漸漸模糊,一個個難忘的瞬間像黑白電影不停地在眼前放映。那年,齊耳的短髮,洋溢著青春的Trade resources氣息;寬鬆的校服,展現著青春的風姿。一群活潑的女孩悠閒地走過無數條熟悉的小路,留下一串串銀鈴般的笑聲。


  

2015年04月22日 18:49

如果浸潤在都市繁華喧囂的時間一長,很容易忘記時間不是平面而是立體的,歷史同樣可以與現代並行不悖、並駕齊驅。當我快要進入西遞時,美食之旅一路上青瓦灰牆的徽州風格建築群鱗次櫛比,散落在山水的環繞中,讓人漸漸進入一種與眾不同又好似闊別已久的文化場。我雖然是安徽人,但這種溫文爾雅、莊嚴靜穆的徽派風格,還是令成長在長江沿岸的我覺得些許若即若離的陌生,Dr Max Disney並有借之滋養、觀照我之文化中軸的虔誠渴望。到了西遞村之後,放眼望去整個西遞被綿延不絕的群山環抱,萬裏晴空中棲息著幾朵愜意的白雲。古樸灰白的民居坐落在翠綠的草木中,前方是風平如鏡的潭水,佇立在潭水後的大牌坊格外引人注目。

這個牌坊是明朝皇帝為表彰胡文光派人所建,走近去看,這個牌坊通體是黑色大理石鑄造,雕有鳳凰、仙鶴、麒麟和梅花鹿,雕工精美、莊嚴肅穆,消耗脂肪 運動可見胡氏家族在西遞的顯赫地位。我站在牌坊腳下,環視四周,伴著這和煦的春光,置身這些明清時期的古建築群,我無法想像世界上會有這樣一個地方,可以讓現實與歷史無縫對接、自由穿梭。此情此景,在我的眼中,在古人的眼中,慢慢重疊,眼睛的功能瞬間便不僅只是勾勒出外表,她也能讀懂情感了。歷史的滄桑和肅穆是我不敢因暈車而有半點懈怠此番美景,而夾著幾絲清香的空氣也很快振奮了我的精神,身體所有的不適因西遞的柔情似水般的詩化而煙消雲散。  

2015年04月15日 18:21



夜幕悄悄來襲,模糊的視線把孤獨的人和蕭瑟的景融為一體,顯得那麼寂寥落魄。雖然已是春暖花開的季節,當寒風拂過,不經打個寒顫,還是感覺到那浸骨的冰涼。這個孤獨的人,在這朦朧的夜色中,挪動著細碎的腳步,若有所思,憔悴的笑容裏掩飾不了悽楚的心痛。

微涼的庭院裏,單薄的身影更顯得寂寞無助減肥食譜,獨自靜坐在路燈下的水泥臺階上,握著冰冷的手機,觸摸著無聲的螢幕,搜索著殘存的詞章,傾訴著滿懷的憂傷和孤獨的素心。清淺時光中,一切都逝去的那麼極速,唯有用文字,來記錄這一道道殘碎的風景,飄揚在往昔的支離破碎中。我以為只有這樣,我可以真的去遺忘,我可以高傲的做那個曾經堅強的自己,攜著這一份痛,彷徨在無數黑夜淚落的星空下,逐漸冰封一顆急躁的心,為之清絕明淨,純樸憨厚。

而時光的春去秋來,季節更迭,從不多情的將人眷顧。一路走來,錯過多少風景,嘗過多少寒苦,受過多少孤單,然而歲月如歌,暗渡滄桑,那般流離失所中,我一次又一次的無所適從過,任冰涼的指尖,憶起過多少落葉染紅的故事?綿綿春雨的柔情裏,唱過多少四季的歌謠?直到最後,映畫出了太多悲傷的摸樣,而此時,只想擁抱著自己,說聲抱歉匆匆年華實德金融集團,始終是筆下寫不完的故事,愛恨情仇,始終是心中難抹去的傷痛。而生命路上,對於每一場遇見,總會在離別時輕輕地落淚,悄無聲息的打痛在心房,時光在輪回反復中讓我看清了世俗本來的摸樣,那些沉澱出的往昔,在每一個黑夜裏,清晰的呈現在我的眼前,是記憶存放的美麗旋律,有動人的節拍,有抑揚頓挫的節奏,所有的一切,到最後,演繹成了最後的憂傷,一路走過的美好與殘缺,成了我腦海中常常浮現的倒影。有時,一種莫名的傷感湧上心頭,成 了一種抹不去的情愫,它承載了過往的流光,承載著一顆漂泊的心,從一路走來的太多難以忘懷。我感念時光給我一場遇見,我慶倖生命裏的每一次相遇。漫長的似 水年華在風景如畫中,拉遠了曾經的曾經,太多東西淡去了情懷,太多往事成為了回憶,如今所有一切,都在那些沿途的驛站中道了別,與我說出了永遠的別離。我曾在時光飛逝的風景中,找尋著幸福的另一半,我曾在緣分的 來來回回中,遺忘一些過去的人,我曾帶著一顆冰冷的心,流浪在愛與恨交際的深淵中自我迷失。我一直以為,這麼多年來,我所找尋的,歲月都會給我。而今發 現,唯有時光和那宇宙大地永恆存在,且一直相伴到老。一路走過的,不論是山窮水盡的險境,還是歲月如歌的艱辛,卻一直陪伴在我的身旁,不離不棄的,是這場 漫長的時光,陪著我看盡日出日落,雲卷雲舒,潮起潮落。  

2015年04月09日 16:02

踏著蓮步,和著柔風,一身素白,衣袂翩翩,輕輕巧巧地向我走來,盈盈一笑間,與我撞個滿懷。一個

人,那座城,恰逢清明,毅然走起。多少年了?掐指一算,十七個年頭了,如煙似霧,縹緲婆娑,白駒

過隙般在異鄉度過了一個個春夏秋冬。時光如水,歲月迪士尼美語 好唔好荏苒,愛無言,念無聲,唯初心不變,唯念家的

心永恆。沒有知會同學,沒有通知舊友,只想一個人安安靜靜地將舊跡找尋,只願一個人溫溫軟軟地把

往事打撈。這撲簌簌的時光啊,一晃就是十七載,六千多個日子匆匆而過,沒來得及好好品味,沒來得

及細細咀嚼。獨自一個人,徜徉在湘江之畔,風很冷,肆肆虐虐吹亂了長髮;雨如絲,點點滴滴潤濕了

情愫;水很濁,朦朦朧朧渾沌了思緒;景太美,徹徹底底淹沒了心房。震撼無數次在心底翻騰,家鄉的

春天怎可以美得如此張揚?質疑無數次將心門叩響,從前的春天也是這般美妙嗎?真的不記得了,實在

想不起來了。

儘管,故地重遊兩重天,舊人舊跡不可尋,物非迪士尼美語 好唔好人非景亦非,花非舊年枝上朵,葉非舊時樹上葉。然,

我相信,從前的花定是一樣的美,曾經的葉亦是同樣的綠,往年的春天定然亦是同樣爛漫嫣然,只是那

時青澀的眼睛還不會發現,那時懵懂的心靈還不會欣賞。

走過山,淌過水,人到中年,才驟然發現,美曾經一直一直在身邊,相生相伴很長很長的年月,遺憾的

是,年少輕狂的年歲裏,不曾知曉,何謂真正的美,更缺乏心境,願意靜靜地去傾眸一朵花一片葉。踏

遍萬水千山,賞盡似錦繁華,才真正透悟,月是故鄉明,春是故鄉美。

瞧,那萬條垂下綠絲絛的依依楊柳,那泊迪士尼美語 世界岸停港的悠悠小船兒,不正是我心深深處的最美江南畫卷麼?

那一片片綠得發亮透澈的新生葉兒,那一叢叢在料峭春寒中屹立不倒的青青草兒,不正是一直塵封心坎

上的生命底蘊麼?那流淌不息的滔滔湘江水,不正是孕育我成長的生命源泉麼?那依然橫跨的雄偉湘江

大橋,不正是渡我過岸的生命之橋樑麼?還有,那朵朵的紅花,那棵棵的綠樹,那似曾相識的景致,那

飄忽不定的斑斕記憶碎片,不正是一直紮根種植在心間的縷縷鄉愁麼?  

2015年02月06日 13:03



こんにちは!まなふさ事務周向榮醫生
局のОです

先週締め切った、「イタリアン周向榮醫生
パスタ Marine(マリーン)提供Pizza無料お食事券」に
たくさんのご応募ありがとうございました。本日厳正なる抽選の結果、当選者が決定
いたしました

最近せっかく当選しても、住所周向榮醫生の不備などで当選が取り消されるケースがあります。
ご応募の際には、まなふさの会員登録情報を確認して下さいね。
  

このページの上へ▲